動かないバイク、原付、スクーターの売却、処分

原付バイクやスクーターは、乗らなくなって数カ月くらいでバッテリー上がりやその他の故障で動かなくなりますね!動かなくなった原付バイクは、処分に困りますよね!
乗らないバイクをいつまでも駐輪場や自宅の駐車場に置いていても邪魔になるだけです。しかし廃車や引き取りするにもお金が必要になることなどから放置していることも多いのではないでしょうか?

 

原付バイクも廃車しないで放置していると税金が掛かります。原付バイクの税金は、軽自動車税で年間2000円(2017年現在)掛かります。
3月末に登録されている原付バイク、スクーターには2000円の軽自動車税が掛かってきます。原付バイクの廃車は役所で簡単に無料で出来ます。しかし原付バイクの現物の処分に困ります。バイクショップやオートバイ販売店では、中古バイクとして価値がないような原付バイクの場合、処分代の請求もあります.
原付バイクの廃車手続きは、役所で簡単に出来ますが、原付バイクの処分が問題になるケースも少なくないと思います。

 

原付バイク、スクーターは、中古バイクとして売却出来ることもありますが、今回紹介の動かない原付バイクの場合、買取出来ないケースや場合によっては、引き取りが有料にばるケースもあります。
動かないバイク、スクーターの処分を検討されている方は、出来るだけ売却できる方法や無料で処分できる方法を探す必要がありますね!

 

当サイトでは、動かないバイクなどの買取査定や無料引き取りなどに実績がある、バイク買取査定サイトを紹介しています。
バイク店などで断られたバイクでも買取出来ることがあるサービスですので、動かない原付バイクの処分にお困りの方は是非ご利用ください。

 

バイクワンの無料査定